zt日記

書いているのは Kazuhiro NISHIYAMA a.k.a. ZnZです。
2001|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2012|04|05|06|09|
2013|09|

この日記にはツッコミを入れられます。 ツッコミを入れたい日付をクリックすると、フォームが現れます。

xreaでtDiaryを使う方法はxrea.com で tDiary を使う方法インストールメモXREA + tDiary + Namazuをどうぞ。


2011年07月17日(Sun)

[rubykaigi2011] 2日目

最初は自分の発表ということで、大ホールにいた。 発表資料は http://www.n-z.jp/presen/RubyKaigi2011/ に置いている。 テキストは発表前から置いていて、 RD ファイルの方が rabbit 用で org ファイルの方はしゃべる予定の内容のメモを書いておいていた。 ( 2011-07-22 追記: slideshare にもアップロードした。 )

準備をそれなりにしっかりしておいたので、だいたい予定通りに出来た。

終わりの部分はどうするのか悩んでいたけど、司会がいるような場の場合はいったん終了して司会が質疑応答に入るようにしてもらった方が良くて、小さい勉強会のようなところだと自分で質疑応答に入るようにした方が良さそうに思った。

発表で内容が完結しているようなものだと質疑応答で質問が出にくいようなので、質問が出やすいようなすきのようなものがある方が良いのかもしれないとも思った。

sekiさんの発表も気になったけど、途中で移動もしにくいので、次の jpmobile の話を聞いていた。 jpmobile は自分専用のメモアプリで一部機能だけ使っていたが、いろいろな機種などに対応するのは大変そうだなあと思った。

午前中はそのままずっと大ホールにいた。

スピーカーは発表がある日の弁当を貰えるということだったので、弁当を貰ってどこで食べようと思っていたら、sekiさんに会ったのでそのまま3階に一緒に移動して、そこで弁当を食べた。 そしてそのまま ゆRuby に参加していたら Lunch の時間が終わってしまって Rails3 レシピブックが買えなかったので、後で買った。

午後は小ホールの発表がある間はずっと小ホールにいた。

LT からは大ホールに移動して、懇親会にも参加した。 LT や闇 RubyKaigi はその場で感想を書いておかないと、多すぎて後から思い出すのは難しいと思った。

懇親会では nagachika さんなど初めて話をできた人もいて良かった。


copyright © 2001-2014 ZnZ
Key fingerprint = 6E14 2C9C DBD7 874D 8B3C CAA8 9B58 5538 ED7E 1B73